本文へスキップ

学校教育目標 〜信頼される人になる〜

TEL.0267-82-2139
FAX.0267-82-2217

〒384-0414 長野県佐久市下越286-1

学校生活 1学期SCHOOL LIFE


各国大使前での演奏 7月28日(木)

県の魅力PRにひと役

 本校邦楽部は14カ国の在日大使や大使館の参事らが訪れた佐久市内の貞祥寺で琴の演奏を披露しました。これは9月に軽井沢町で開かれる先進7カ国(G7)交通大臣会合を前に、外務省と県が「県の魅力をPRしたい」と企画しました。
 貞祥寺は信濃毎日新聞社刊「信州百寺」に選ばれた佐久を代表する古刹で、各国大使は杉や欅の大木が立ち並ぶ参道や美しい苔の回廊を見学しながら日本の雰囲気を満喫し、それに本校邦楽部の琴の演奏がひと役を担うことができました。


八ヶ岳登山(2学年) 7月26日(火)、27日(水)

山や自然に慣れ親しむために

 2学年で登山を実施しました。目的は「郷土の山八ヶ岳の自然や美しさにふれ、登山の初歩的技術と山の生活を通して忍耐力を養い、集団生活の仕方を学ぶ」ことで、夏沢峠にあるヒュッテ夏沢に宿泊する1泊2日の日程で行いました。
 天候判断がとても難しい状況でしたが、予定通り26日の6時前に学校を出発し、茅野市の唐沢鉱泉入口でバスを降りて歩き始めました。途中から残念ながら雨が降ってきて、雨具を着用しての登山でしたが、夏沢峠に全員無事に着くことができました。しかし1日目に予定していた根石岳登頂は断念し、小屋で待機し、疲れを癒やす時間を過ごし、翌日に備えました。

天候判断をしながら根石岳登頂へ

 2日目も天候があまり思わしくなく、御来光は見ることができませんでした。その後の予定も変更して生徒たちの安全面を優先しながら根石岳の頂上を目指しました。
 登頂後、ヒュッテに戻り朝食を食べてから下山し、予定より少し早く全員無事に帰校することができました。
 2日間を通して天候に左右されてしまった場面も多かったですが、生徒たちはお互い励まし合いながら歩いたり、自然の厳しさも感じながら登山をすることができました。
 この登山で学んだことを、2学期からの生活に生かせるようにしていきたいと思います。


福祉体験学習(1学年) 7月26日(火)、27日(水)

地域に学ぶ〜体験や講座を通して〜

 福祉のあり方や障がい者や高齢者の方に対する自分たち自身のあり方を考える機会をもてるようにするため、1学年で福祉体験活動を行いました。
 1日目は社会福祉協議会にご協力いただき、体験活動としてAED講習、高齢者疑似体験、車いす体験、手遊び、絵手紙など行いました。生徒たちは実際に自分たちで体験することで、多くのことを学べたと思います。
 2日目は「認知症を知ろう」というテーマでお話を聞きました。これらの活動の様子は2学期の銀河祭の各学級で展示発表する予定です。


メディアリテラシー講演会 7月15日(金)

ネット社会の危険性について

 2学年生徒を対象にメディアリテラシー研修会が行われました。
 講師に市教育委員会の主幹主事先生をお招きし、人気の高いスマホゲームの「課金」制度について、一見無料に見えるものが実は危険、というお話や、SNSなどの顔の見えないやり取りは、誤解やすれ違いから事件にもつながりかねない、というお話などをしていただきました。最後には、がんと闘いながら子供を産んだ母のドキュメンタリービデオを鑑賞し、深く生徒の心に響いた様子でした。1年生も同様の講演会を行う予定です。


PTAミニ勉強会 7月5日(火)

体を動かしてコミュニケーション

 PTA父親母親委員会主催により、7月5日に本校多目的教室においてミニ勉強会が開かれました。
 「親子とまたは同世代と体を動かしてコミュニケーション」というテーマで、講師に関博幸先生(東信教育事務所)をお招きしました。保護者の方や生徒、職員も含めて約30人が参加して、グループになったり、リボンなどを使いながら多様な動きを通して楽しみながら体を動かしていました。


本の読み聞かせ 6月21日(火)

絵本の世界へ

 6月20日(月)〜24日(金)は読書旬間です。
 図書委員会が様々な取り組みで全校に読書を呼びかけていますが、その一環として保護者ボランティアによる本の読み聞かせが行われました。学校の呼びかけに手をあげてくださった3名の保護者の方が、1年生の朝読書の時間に絵本を読んでくださいました。
 朝の教室に保護者の方々の声が響き、生徒たちは絵本に見入って楽しんでいたようです。ボランティアの皆さんのおかげで、貴重な時間を過ごすことができました。



中体連佐久大会壮行会 6月9日(木)

学校の代表として

 6月10,11日に中体連佐久大会が開催されます。その大会に参加する選手の人たちを応援する壮行会が行われ、全校で応援しました。
 体育委員による応援に続き、生徒代表の言葉、そして校長先生からは「全力に悔いなし」という言葉を紹介していただき、全校で各部活動の大会での健闘を祈り応援しました。
 運動部系の部活動では、県大会や全国大会に続くこの大会を目標に日々の練習に励んできました。その成果を十分に発揮してほしいと願っています。

妙高宿泊学習(1学年) 5月25日(水)、26日(木)

「笑顔あふれる絆の輪」

 自然への理解を深めたり、好ましい集団生活のあり方を学ぶために、1学年で昨年度に引き続き妙高宿泊学習を実施しました。今年度の学年目標は「笑顔あふれる絆の輪〜みんなは一人のために、一人はみんなのために〜」で、中学校での初めての大きな学年行事なので、計画の推進や係活動を理解し、これからの学校行事への取り組みに生かせるようにしてきました。
 出発の時には少し天候に不安もありましたが、現地では雨も上がり晴れ間も見え始め、予定通りの活動をさわやかな高原の中で行うことができました。

活動を通して学んだこと

 1日目は国立妙高青少年自然の家に着いた後入所式、オリエンテーリングを行い、16:00から野外炊飯で夕食のカレーをグループで作り、おいしく食べました。18:30からは予定通りキャンプファイヤーを行い、歌やクラスの出し物、フォークダンスなどで楽しみました。
 2日目は朝食を食べた後宿泊したところを清掃し、午前中はMA(妙高アドベンチャープログラム)を行い、昼食後に退所式を行い、学校への帰路につきました。
 これらの活動を通して、友だちのいい面を見つけたり、協力する喜びを感じたりするなど、とても有意義で思い出に残る行事となりました。


職場体験学習(2学年) 5月25日(水)、26日(木)

働くことの意味や喜び、苦労を知る

 体験学習を通して、働いている人の職業に対する思いや職業の専門性に触れ、働くことの意味や喜び、苦労を知り、自分の進路選択や生き方について考える機会とすることを目的にして、地域の事業所の方々にお願いして職場体験学習を実施しました。
 事前に職場について学習したり打合せをしてきた生徒たちは、当日各職場で慣れないながらも職場の方たちのお話をしっかり聞き、自分に任された仕事に精一杯取り組むことができました。目的にあるように働くことの意義や喜び、苦労を感じられたと思います。


熊本地震への募金活動 5月17日(火)

熊本地震への支援として

 先日発生した熊本地震への支援として、5/9〜/13まで募金活動を行いました。
 この活動は本校生徒会新聞福祉委員会が中心となり朝7:50〜8:10に生徒昇降口で行われ、朝生徒総会でも会長から協力を呼びかけた結果、総額 69,032円の募金が集まりました。
 この募金は社会福祉協議会を通して日赤に送金し、災害の復興に役立てていただきます。
 被災地の方々の少しでもお役に立ち、災害からの早急な復興を全校生徒職員で祈っています。


避難訓練 5月9日(月)

いざという時のために

 授業中に火災が起こったことを想定し、今年度第1回目の避難訓練が行われました。今回の訓練の目的は、各教室からの避難経路と防護組織の確認でした。
 訓練用のベルが響き、教頭より避難の指示が出されると、生徒たちは手ぬぐいを被り、静かにそして素早く校庭に避難することができました。
 訓練が終了した後学校長からの講評では、先日の熊本県での災害についてもふれ、「訓練だからこそ完璧に行動しなければならない」ことの大切さを話していただきました。


第1回生徒総会 5月2日(月)

生徒会活動の確認

 今年度の生徒会活動の計画を、会員である全校で確認する第1回の生徒総会が行われました。
 生徒会は自分たちの手で自分たちの学校をよりよくしていくために活動しています。そのために各委員会で今年度の活動計画を立案し、全校で確認して取り組んでいきます。
 今年度も様々な活動が計画されましたが、3年生がリーダーとして学校全体を引っ張り、全校のひとり一人が楽しく充実した学校生活を送れるようにしていきましょう。


授業参観・PTA総会 4月28日(木)

PTA活動のスタート

 今年度第1回目となる授業参観が行われ、その後にPTA総会が開かれました。
 総会では昨年度のPTA活動の報告と新役員の承認、今年度の活動計画案、予算案などが審議され、無事にすべて承認されました。
 これで今年度のPTA活動がスタートします。生徒たちが安全で楽しい学校生活を過ごせるように、PTAとしてこれから活動していきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


交通安全教室 4月25日(月)

事故を起こさないために

 今年度も生徒たちが安全を守るため、交通安全教室が行われました。前半はビデオで加害者にならないようにするために、実際に起こった自転車事故について視聴しました。
 後半は佐久警察署から2名の方に来ていただいて、自転車の特性や、衝突すれば重大な事故を引き起こすことなどを説明していただき、実際の周りの状況をしっかり見て自分で判断することの大切さ、自分の命は自分で守らなくてはいけないことをお話いただきました。
 今年度事故のないことを願います。


修学旅行(奈良・京都)  4月

1日目(出発、奈良)

 3年生が2泊3日の修学旅行へ行ってきました。
 今年度は「深〜知識、友情、社会性を深めよう〜」というテーマのもと、2年生から事前学習を進めてきて、当日を皆が楽しみにしていました。
 1日目は朝早くに学校をバスで出発し、最初に奈良の法隆寺に入りました。あいにく少し雨が降っていましたが、だんだんと止んできてとてもいい気候になりました。その後興福寺国宝館、奈良公園、東大寺と見学し、京都の宿舎に入りました。
 奈良公園では鹿と戯れたりするなど、3年生全員元気で旅行を楽しむことができました。

2日目(京都班別見学)

 修学旅行の2日目はタクシーによる班別行動で京都市内の観光地を見学しました。
 この班別見学のコースも生徒たち自身で調べ、作成したものです。宿舎からそれぞれのタクシーに乗り込み、見学地に向かうときには少し不安な顔も見られましたが、見学を終えた後はみんな笑顔で宿舎に帰ってくることができました。タクシーの運転手さんたちとのお別れを惜しむ姿も見られました。
 そして夜は宿舎で絵付けや念珠作りを体験しました。できあがりが楽しみです。

3日目(学級別見学、帰校)

 3日目は午前中に各学級で京都市内を見学しました。天候には恵まれ少し暑いくらいで、生徒たちは上着を脱いで行動していました。普段の生活ではなかなか触れることのできない古都の雰囲気を楽しむことができました。
 お昼頃に京都を離れ、たくさんの思い出とともに一路学校へと帰ってきました。帰りのバスの中では疲れて寝ている生徒も見られましたが、旅行に満足して充実した様子でした。
 この旅行では大きなけがや事故などもなく、天候にも恵まれ、素晴らしい旅行になることができました。
 ご協力、また支えていただいた保護者の皆さま方、ありがとうございました。


対面式・生活オリエンテーション 4月7日(木)

生活オリエンテーション

 新入生たちに中学校生活のルールや決まりなどを知ってもらうため、また新2,3年生には自分たちの学校生活をもう一度振り返って初心にもどれるように、生徒会主催で生活オリエンテーションが行われました。
 学校生活の決まりや朝読書、保健室の使い方、購買の利用方法、体育館への入退場を確認したりしました。また給食指導、清掃指導では全校で確認するだけでなく、それぞれの委員会の2,3年生が直接新入生を指導しました。


入会式

 新しく入学してきた新入生を臼田中学校の生徒会会員として迎えるために生徒会入会式が行われました。
 新入生には生徒会長から生徒会活動全体の説明をし、生徒会会員としての自覚をもってほしいとの話があり、各委員会の委員長からはそれぞれの活動内容を説明して、新入生が所属する委員会を決める参考にできるようにしました。
 最後に生徒会から1学年の各クラスへ委員会用のファイルと鉢花を贈呈しました。
 今年度も全校でよりよい生徒会をつくっていきましょう。



入学式・始業式 4月6日(水)

新しい臼田中学校の出発

 平成28年度の臼田中学校のスタートは天候にも恵まれ、春の暖かさを感じられる穏やかな日でした。
 まだ着慣れない制服と真新しい学生カバンを背負った113人の新入生たちは、これから始まる中学校生活への期待や不安をもって登校し、少し緊張した顔をして入学式にのぞんでいました。それでも新しい担任の先生のお話を聞いたり、記念写真撮影などをしていくと笑顔も多くなり、中学校生活への楽しみの方が多く感じられるようになってきたと思います。少しでも早く学校生活に慣れ、友だちもたくさんつくって、勉強や部活などに充実した日々を過ごしていってほしいと願います。
 続いて始業式も行われ、全校生徒344名で今年度をスタートしました。
  


生徒棟から見えるコスモタワー


佐久市立臼田中学校

〒384-0414
長野県佐久市下越286-1
TEL.0267-82-2139
FAX.0267-82-2217






空から見た臼田中
平成26年度の文化祭の生徒会企画で
実施された臼田中の空撮


学校支援ボランティア活動
日本PTA全国協議会から表彰された
平成25,26年度のPTA活動


ふるさとCM大賞参加作品
平成26年度に県知事賞をいただいた
プルーンをテーマにした作品


山のホームページ「山に登ろう!」
平成26年度に信州山の日制定を記念した
コンテストで、最優秀賞を受賞した作品